かねてから探していた、おしゃれな醤油ボトル。
もちろん醤油だけではなく、油などを含む調味料ボトルを探していたのですが、良さそうなものを100均で発見しました。

値段と質が必ずしも比例するわけではないけど、100均の品に100%の信頼を抱けません。
ということで、ダイソーの醤油ボトルの使用感レポです。

スポンサードリンク

ダイソーの100円醬油ボトルを使うの巻。使用感と液だれ具合


私はけっこうYouTubeでお料理系の動画を見るんですが、だいたいの方はおしゃれな調味料ケースを持ってます。
しかも使いやすそうなやつ。
「何事も形から入って形だけで終わる」ということが常な私としては、やはり欲しくなるのですよ。うむ。

でも、おしゃれであればあるほど高くて、その金額ほどの価値を見出せないことも多かったんですよね。
醤油ボトルに700円出すなら、鶏肉500g買ったほうが良くない?と。
思っちゃうし、実際に私の生活レベルでは本当にそうなんだと思う。

そんな中、ダイソーで発見したガラスのしょうゆボトル。
100円商品にしてはとっても良かったのでレポです。

ダイソーのしょうゆボトルは100円っぽくない


daiso-syouyubotoru1.jpg

ダイソーの醤油ボトルは、ガラス製。
プラスチックのボトルが多い100均製品の中で、ガラスなのはポイント高め。
やっぱりガラスはおしゃれに見えます。

daiso-syouyubotoru3.jpg

注ぎ口はワンタッチで開けるようになっていて、この部分はプラスチックです。
栓の部分はたぶんゴム。

daiso-syouyubotoru4.jpg

手で押さえてパコッと開くようになっています。
ただ、開くとこの接続部分は弱くなっていきそうな雰囲気があります。
おそらく何度も使っていると閉まり具合が甘くなってくるんだろうなという気がします。
ここは100均らしさですね。

daiso-syouyubotoru6.jpg

裏のシールはきれいにはがれるようになっているので問題なしです。
なんというか、全体的に100均ぽさはありません。
高級品とまではいかないけど、100円だとは思えないかも。

このボトルが270ミリリットルで高さが20センチくらいなんですが、わが家にはとってもちょうどいい。
サイズが大きめになる500ミリリットルのものも売ってましたが、270ミリリットルのほうが売れ筋なのかな。
このしょうゆボトルが最後の一つでした。

ダイソーのしょうゆボトルの使用感


さて、やはり主婦なので、気になるのは使用感です。

daiso-syouyubotoru5.jpg

醤油はここからドバドバと注ぐようになっているんですが、ゆっくりすれば問題なしです。
店内のポップには「専用の注ぎ口を~」ということが書いてありましたが、なくても大丈夫でした。

daiso-syouyubotoru7.jpg

気になる密閉性ですが、今のところは逆さにしても漏れることはありませんでした。
何度も栓を抜いたりはめたりしているうちに、ゆるくなってしまうのかもしれないけど、現在は問題なし。
倒してしまっても、注ぎ口さえしめていれば大丈夫です。

daiso-syouyubotoru8.jpg

液だれも、今のところはなし。
快適です。

将来的にゆるくなりそうだなと思う部分は数か所ありますが、まあそこは100均ですし。
買い替えのハードルが高くないのも魅力です。

ダイソーのどの店舗でもあるわけではなく、キッチン雑貨が多いところなら置いている可能性ありです。
気になる方はお近くのダイソーを覗いてみてくださいね!

スポンサードリンク

 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加