中学生になったわが家の第一子、塾には通わず、今のところはスタディサプリを使っています。
≫≫スタサプは中学生の塾代わりになるのか?子どもがガッツリ使った感想

中学からは定期テストでの順位発表も始まり、勉強への力の入れ具合が小学校とは異なります。
周囲が塾通いを始める中、スタサプだけでなんとかなるのかについては、まだ検証段階なわけですが、気になるのは「お前、本当に自己管理できるのか?」という点ではないでしょうか。

さて、使い始めてから約1か月になりますが、スマホとスタサプの相性っていいなと思った件。

スポンサードリンク

スタサプをスマホで使い始めて感じる管理のしやすさ


中学生になってまで、親が「勉強しなさい!」「宿題をしなさい!」というのはちょっと違うだろうと思っていました。
干渉されるのを嫌がる年頃だし、自己管理できないことも含めての実力だろうと思うのもある。
自分が中学生のころ、親にアレコレ言われるのは嫌だった気もしますしね。

ですが、塾のように「この時間中は勉強するしかない」という強制力がないため、スタサプをするなら自己管理能力は必須です。
勉強しなければいけないときに勉強できる子でなければ、効果はないようにも思います。

親の欲目も込みですが、うちの子はヤバイ時にはヤバイと思えるタイプ。たぶん。
テストで悪い点数を取ったら多分、「ヤバイ勉強しなきゃ」と思うはず。
定期テストでは良い点数を取りたいと思っているだろうし、そのためには勉強が必要なことも知っているはず。
そして、勉強していないことが親にバレるのもやばいと思っているはず。

そういう下地というか、素地は悪い子ではありません。
が、なにせ誘惑に弱いです。
友だちやマンガ、テレビ、雑誌、あらゆるものに弱く流されがち。

スタサプを始めるうえで不安だったのは、この点だったんですよね。
勉強しようという気持ちはあるし、スタサプを効果的に使いたい気持ちはあるけど、ついうっかり他のことをしちゃうっていうやつ。

この防止策なのかは分からないけど、スタサプでは、子どもの使用状況がメールで送られてきます。
「何を」「どのくらい」というのが送られます。
確認テストの正解率ももちろん出てきますし、「どのくらい」は分単位です。

ある程度はそこで把握できるんですが、リアルタイムじゃないんですよね。

そこで、ファミリーリンクの管理機能をフル活用すべく、アプリで本人のスマホを使ってスタサプを利用することに。
自室にこもっているときの勉強具合が、子どもには申し訳ないが筒抜けである。

ファミリーリンクは使用状況がリアルタイム


わが家はアンドロイドを使っているので、保護者管理用のアプリはファミリーリンクです。
子ども名義でスマホ契約をする際は必須のアプリで、これがないと契約自体ができません。
ファミリーリンクについてはこちらでまとめているので、できることやできないことの確認をぜひ
≫≫子どもの初スマホから2か月、ファミリーリンクによる制限で悪影響は軽減するか

さてある日、「今日はスタサプするね!」と自室にこもる子ども。
しばらくすると、「使用時間過ぎそうでロックされちゃう!時間延ばして!」と。

わが家はスマホの利用時間を1時間にしており、過ぎるとロックされてしまいます。
使用時間の操作もファミリーリンクからできるので、必然的にファミリーリンクのアプリを開くわけですね。
するとこちら。

sutasapukanrigamen.jpg

勉強してないやんけ。

ファミリーリンクでは、何をどれくらいの時間使っているのかがつつぬけ。
この日の例で言うと、ラインを54分、メールを2分、クロームを1分使っています。
スタサプはよ。

スタサプの確認メールは翌日の朝に来るので、様子を知ることはできますがリアルタイムではありません。
ですがファミリーリンクの場合はリアルタイムなので、とりあえず「やっているかやっていないか」の確認は一瞬です。
もちろん、アプリを開いただけで放置していたら分からないですけどね。

こんなことまで管理されて、きっとこの先、息苦しく感じることもあるだろうなあと思う反面、なにがしかの予防線にはなっている気もします。
今の段階では、「ここまで親にバレちゃう」ということが子どもに分かるだけで、生活の仕方は変わってくるのかもしれません。
実際に親が把握するかしないかは別としても。

スマホを使った勉強が主流になるのだとしたら管理方法を知らなければ


ドラゴン桜きっかけでスタサプを始めたわが家。
桜木先生によると、今の子どもたちにはスマホを使った勉強を活用しない手はないのだと。(言っていたような気がする)

まだ高校生ではなく中学生のわが家は、完全に子どもだけにまかせたスマホ学習はちょっと怖くて、親が介在するスペースを持たせたい。
そう思ったときに、スタサプの管理メールとファミリーリンクの管理機能は、安心材料になるのではとも思います。
干渉しすぎ?他の子との比較ができないから分からないけど。

とにかく今回の出来事で、「勉強すると言う嘘はバレる」ということが分かったであろううちの子。
「勉強したのにできなかった」よりは「勉強しなかったからできなかった」のほうがはるかに清々しいので、今後はしないならしないと言ってくれるはず。
それはそれでまあいいかなと思っているのである。

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加