わが家では、長女に歯の矯正をしています。
うちの子は癒合歯&顎が超小さいというガタガタな状態だったので
小児歯科ではなく、矯正歯科に受診しています。
≫≫小児歯科と矯正歯科、子どもの矯正はどっちがいい?費用の違いとわが家の体験談

長くかかった矯正も、やっと終わりが見えてきました。
そんでもって、「お金はいくらかかったのか?」というまとめです。

スポンサードリンク

子どもの歯列矯正にかかったお金のまとめ


ランドセル女の子

子どもの矯正は2段階に分かれていて、
第一期…前歯4本(上&下)の計8本
第二期…前歯4本以外
最初にとりかかるのは前歯の4本からです。
なんせ小学生なので、まだ後ろの歯は乳歯のままですしね。

まず、顎を広げる。(うちの子は顎が小さいので)
その次に、歯を並べる。(ブラケットってやつ)

んで、こちらにも詳しく書いてあるんですが、
≫≫子どもの歯列矯正はいつから?適齢期に始めても時間がかかる
そもそもの器具の取り付け位置が、6歳臼歯なんですね。
歯医者によっては違うのかもですけど。

うちの場合は通い始めるのが早かったので、
6歳臼歯が器具装着できるまでに伸びてくる待ち」だったんですね。
んで、それまでにも診察は受けるわけで。(保険診療外)
実際に矯正器具を装着するまでにもお金がかかってるって話なんですが、
今回は、
  • カウンセリングを受けて
  • 器具を装着して
  • とりあえずの第一期が終わるまで

ということで、かかった金額をまとめたいと思います。

ちなみに、装着までにかかったお金はこちらでまとめています。
≫≫子どもの歯科矯正1期の装着が終わる。かかったお金のまとめ

矯正歯科のカウンセリング費用


初回のカウンセリング 3,000円
検査料          32,000円
診断料          20,000円
計             55,000円

このあたりの値段は、矯正歯科によってだいぶ変わると思います。
セカンドオピニオン的に行った矯正歯科では、
カウンセリングは無料で、検査診断料は4万円でした。

入口のお金はHPなどに記載されている場合も多いので、
確認してからのほうがいいかなと思います。

矯正の本料金


矯正器具等料金  370,000円
装着関連費用   16,000円
計           386,000円

ここも、矯正歯科によって値段がだいぶ変わります。
ただ矯正器具の値段が分かるのって、検査と診断をしてからなんですよね。
どういう器具を使うかは調べなきゃ分からないってことで。

受け口とかが入ってくると違うと思うんですが、
平均的な「顎を広げて歯を揃える」なら、
このくらいの値段が相場になるんじゃないかと思います。
田舎に行くともう少し安いって噂ですが。

第一期器具装着後の診察費用


通常は「3000円~5000円」という診察料でした。
ただの診察だけなら3000円、
器具を動かしたり、特別なことをしたら5000円前後という。

器具を装着してからの診察は、絶対に器具を触るんですよね。
一度とってから新しく付け替えたりとか。
だから、器具装着後は全て診察代が5000円前後でした。

第一期器具装着後診察代  約87,000円

基本的には1ヶ月に1回、多いときには2回。
約1年間通っての診察代です。

かかったお金は50万円超!矯正はやっぱりお金がかかる


kurei-okane.jpg

最初に診断を受けて、そのあとに器具装着という流れだと、
(器具装着までに時間がかからなければ)
かかったお金は約528,000円でした。

ちなみにわが家は器具装着までに
診察料を4万ほど払っているので、うちの場合は約568,000円です。
うひゃー高い!

矯正歯科は、「どこに行くか?」によって値段がかなり変わります。
もちろん技術的なことも重要なんですけど、
10万単位でかかるお金が変わるのは、やっぱり大きいです。

知り合いに矯正歯科に通っている人がいれば絶対話を聞くべきだし、
もしいないなら、細かい情報でも拾っておくべきかなと思います。
だって、第二期までするとなるとかなりの負担ですし。
どう考えても「安くて良い歯科医」がいいですし。

(´・ω・)「近くの歯医者、全部はリサーチできない…」
そんなときは、こういう口コミサイトを見てみるといいかもです。
網羅とまではいかないですが、わりかし口コミが載ってます。
↓↓
矯正歯科専門サイトで口コミを確認する

スポンサードリンク

 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加