最近ものすごく話題になっている『うんこ漢字ドリル
(・∀・)「こんなのあるんだってよー」
とわが家でも会話にあがることもあったんですが、
ちょうどのタイミングでおばあちゃんが送ってくれました。

買いかどうかはともかくとして、
母子ともに楽しめる漢字ドリルであることはたしか。
思ったよりもマトモな漢字ドリルって印象です。

スポンサードリンク

うんこ漢字ドリルは買いか?!けっこうちゃんとしたドリルだ


unkodoriru7.jpg

手元にあるのは、うんこ漢字ドリルの1年生と4年生。
わが家はベネッセを一学年上にしているので、
それにあわせてみました。
≫≫通信教育、1学年上を受講中。飛び級するときの注意点とわが家の体験談

うんこドリルの特徴


うんこドリルの特徴といえばもう、「うんこまみれ」であるということに他なりませんが、
意外ときちんとした作りになってます。

unkodoriru2.jpg

1 覚えやすい独自の順序
漢字ドリルのプロが考案した独自の順序で感じを並べました。
2 見やすいデザイン
1ページに2漢字だけなので、書き順や、とめ・はらいといった
注意点が見やすく、
初めて習う漢字でもしっかりと習得できます。
3 楽しく勉強
イラストがほぼ全ページに入っており、例文も面白いものばかりなので、
笑いながら勉強することができます。
4 1枚ずつはがして勉強
1枚ずつはがして勉強することもできるので、
今日覚える分だけ切り取ることによってゴールが見えやすくなります。

たしかに中を見る限り、
簡単なものからというよりは、身近なものから並べている印象です。

そして、
・小学校で習うすべての読み方が書いてあります。
・その漢字をつかった言葉です。
・数字は書き順です。

読み方や書き順などの説明も、年齢に合わせた感じを使っています。
1年生のドリルでは、「漢字」は「かんじ」と表記。
自分1人でできるようになってる。

1年生うんこドリルの中身


unkodoriru8.jpg

一冊の中に、1年生で習う漢字がすべて入っています。

unkodoriru12.jpg

画数でも調べられるようになってます。

unkodoriru9.jpg

・かん字のれんしゅうには うんこが一番だ。
・うんこを二文字で言いかえると「くそ」になる。
・あつめたうんこに数字で番ごうをつけよう。

unkodoriru10.jpg

・うんこに草花をかぶせる。
・お父さんが草原にうんこをばらまいている。
・ざっ草とうんこをまぜた おだんごを作ります。

ところどころに先生からの覚え方のヒントが入ってます。

「サッとす早く、草の上のうんこをかたづける」
とおぼえるのじゃ!


4年生うんこドリルの中身


unkodoriru1.jpg

4年になると覚えなきゃな漢字が多くなるので、
1年生では見開き1ページで2漢字だったのが、4漢字になります。

んで、3年で習った漢字と4年で習う漢字の組み合わせとか、
反対語とかも冒頭にのってます。
ここではうんこ要素は少なめ。

unkodoriru13.jpg

例文は、1年生よりもやっぱり難しめに。
っていっても、うんこですけどね。

unkodoriru3.jpg

・となりの小学校に、ぼくよりうんこにくわしい生徒がいるらしい。
・徒競走では、走りながらうんこをもらしたね。
・ここから徒歩5分のところにうんこが落ちていました。

・学芸会でおどる「うんこダンス」を練習した。
・曲芸士が、火のついたうんこの輪に飛び込もうとしている。
・手芸教室に通って、うんこ柄のマフラーを作りました。

ここでも先生からのワンポイントがところどころにあります。

unkodoriru14.jpg

「辞典」は、言葉の意味や使い方などを、
「事典」は、さまざまな事がらを説明している本じゃぞ!


ドリルの最後には


unkodoriru5.jpg

学習証明書…!
おめでとうございます。

unkodoriru6.jpg

先生からの注意書きもある。
見かけによらず、けっこういいこと言う。

賛否両論あるみたいだけど子どもは楽しそう


うんこドリル、うんこだけあって賛否両論あるみたいですね。
小学校1、2年生くらいまででよいのではと思います。
高学年であれば、もっと品のよい文章を読ませたい。
排泄行為は、いじめの標的にもなるくらい過激な言葉でもあり、
5年生あたりは最もいじめが起こりやすい時期。
児童がいじめの材料として使いかねないという危惧はあります
引用:ライブドアニュース2017年5月21日『大人気「うんこ漢字ドリル」に専門家から懸念の声「いじめの材料にも」』

たしかに、
・どうやら先生はうんこをもらしたようだ。
・水田にうんこをなげ入れる。

みたいに、「真似されたら困るな」ってのはありますが、
真似するためには自分がうんこにまみれなきゃですしね。

真似するための大きな勇気と確固たる覚悟が必要です。
するか?という。

私自身、こんなにも「うんこうんこ」とキーボードで打つのは初めてだし、
子どももドリル見ながら連呼です。
(・∀・)「うんこだーヾ(*´∀`*)ノキャッキャ」

それでも、手に取ったら自分から机に向かいましたし、
宿題よりも先に漢字ドリル!っていう勢いです。
高学年女子は分からないですが、
少なくとも低学年のうちは喜びます。








スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加