昨年から始まった、ベネッセのまなびライブラリー
小学生以上の進研ゼミ会員であれば、誰でも使えるサイトです。
電子書籍があったり動画があったり、という感じなんですが、
これがとっても良くてですね。

実はわが家、他の通信講座も検討していた時期だったんですが、
「まなびライブラリー」のおかげで保留になりました。
だって、大人も超楽しいんだもん。

スポンサードリンク

ベネッセのまなびライブラリーが楽しい!


先月号の小学講座に入っていたチラシ。

benesse-manabi2.jpg

『電子図書館』ということで、
本はもちろん読めるし、音楽も聴ける。
ニュース動画や、社会科の動画、映画も数本ですが見れます。
今で言うと、『君の名は。』が読めちゃったり。
少し真面目っぽいのと、子どもが好きそうなものが混在してる感じです。

でも、最大の特徴は、その年齢にあった内容が表示されるっぽいってこと。

ログイン画面で、子どもの学年を入力する欄があるんですね。
んで「小学○年生」を選択すると、
高校生以上向けのコンテンツが省かれるんですよ。
おそらくは、暴力的な表現が含まれているものなんかをなくしているはず。

親としてはありがたいですよね。
いちいち「これはまだ早いから見たらダメ!」がなくなりますし。

まなびライブラリーでできること、見れるもの


benesse-manabi3.jpg

まなびライブラリーは電子図書館です。
なので、本や動画を「借りる」という作業と「返す」という作業が必要。
マイボックスの中に入れることで借りた状態になって、
上限まで借りると、読んだものや見たものを返さないと
新しいものは借りられません。

それにしても子どもが好きそうなのがとっても多くて、
  • ディスカバリーチャンネルの恐竜番組動画
  • にんじゃざむらいシリーズ
  • 工場見学シリーズ
(2017年3月現在)

一週間ごとのニュースのまとめ動画もあります。
これはですね、良いです。

プログラミングの講座もある


2020年から小学校で必修化されるというプログラミング。
まなびライブラリーでは、プログラミングの講座も!

benesse-manabi1.jpg

身の回りにあるプログラミングを使ったものを教えてくれるのはもちろん、
簡単なパソコンの使い方も、
ゲーム感覚でできるようになっています。
マウスを押したり、動かしたりっていう基本からですが、
なんせ追加料金不要ですしね、子どもは楽しそうです。

定期的に新しい本が増えてきますし、
教材の方で紹介されてる本も読めます。
「これが目的でベネッセ入会」ってほどかどうかは分からないけど、
月の費用が少しくらい増えてもいいかも、と思えるくらいにはいいです。

ベネッセの教材はこんな感じ。
≫≫勉強はベネッセで十分?チャレンジ3年生講座で変わったことと子どもの反応

比較もしてます。
≫≫Z会の年長・1年生をベネッセ2年生に変更した私が思う効果と違い

おしまい。

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加