4月から長女のベネッセが3年生講座になりました。
3年生になると値段も700円/月ほど高くなりますが、
内容もけっこう変わります。

一番の変更点は、「4教科になった」ってことです。
2年生までは国語と算数だけですが、3年生からは理科と社会がプラス。
どんなふうに変わったか?とか子どもの反応は?とか。
わが家の長女とベネッセ3年生講座です。

スポンサードリンク

3年生になるとチャレンジはどう変わる?


4月号についてくるのは冊子が3つと付録です。
冊子は

  • 本テキスト
  • フシギ大発見ブック春号
  • 実力アップドリル4月~9月版

付録はハンディタイプの簡易的なスコープです。
「簡易的な」って言ってもけっこう見えます。

3年生のテキストは理科と社会が増える


benesse-3nen.jpg

3年生になると理科と社会が増えて4教科に。
その分、2年生のときと比べてだいぶ分厚くなった感じがします。
ページ数も、ぐんと増える。

benesse-3nenpe-ji.jpg

ぐんと増えた102ページ。
ただ、理科と社会のページは少なめです。
どちらかというと、国語と算数のボリュームが増えた印象。
今までは1回分が2ページだったのに、4ページになりました。

理科と社会は習い始めなので、勉強というよりは興味付けという感じ。
4月だからなのか、最近の3年生がそうなのかは分からないけど、
自分が小さい頃の理科社会ってこうだっけ?とか思う。
昔過ぎて思い出せないけど。

benesse-3nen-syakai.jpg

↑うちの子は社会よりも↓理科の方がお好み。

benesse-3nen-rika_convert_20160424225814.jpg

社会は町探検がメインで、そこから地図に発展します。
理科は磁石や昆虫、植物について。
理科の内容って、2年生講座で実験していたり、夏の無料オプション講座でしていたり。
(参考:ベネッセ小学講座のオプション教材の評判はどう?わりと良かったって話)

そこからの発展なので、抵抗なく入れた様子。
なんせチャレンジは漫画の要素がけっこうあるので、楽しそうです。

付録の冊子もボリュームアップ!楽しめる理科


2年生講座の時から付録にあった、理科系の読み物冊子。
2年生のときはほんとに子どもの読み物って感じでしたが、
3年生になってだいぶ学習チックになりました。

benesse-3nen-huroku.jpg

今回の付録で付いていたスコープを使った遊び(たぶん)の紹介とか。
昆虫や動物をスコープで見たときのエグい写真とか。
「気持ち悪いー」とか言いながら見てる。
「こわいー見たくないー」とか言いながらガン見してる。
ダチョウ倶楽部の絶対押すなよ的な感じの発言ですね。

この冊子は、春号。4月~7月版です。
4ヶ月分ならもう少しテーマが多くてもよかったかもっていうところ。

親が一緒にやって、そこから発展させていくならいいけど、
やりこまないのであれば一週間くらいで読み切って&やりきってしまいそう。
本や図鑑が好きな子ならもっと早いかもです。
ただ内容は面白いです。
スコープを使った話題だけじゃなくて、天体とか実験とかあります。

実力アップドリルは国算のみでボリューム少なめ


実力アップドリルも毎月ではなくて、6ヶ月分が1冊になってます。
1ヶ月にするのは、国語3回分と算数3回分。
1回分は各2ページずつです。

ボリュームは少ないけど、こちらはわりと難しめ。
間違えそうなとこや分からなそうなとこをピックアップしてる感じなので、
時間がかかります。
ちなみに長女は国語2回目を、3回途中棄権しました。うん。

3年生の勉強はチャレンジで十分?私が思うこと


Z会に比べて、ボリュームが少なめだったベネッセ。
(参考:Z会の年長・1年生をベネッセ2年生に変更した私が思う効果と違い)
3年生になるとそれなりのボリュームになってきました。

学校の宿題が出ることを考えると、順当に進んでいけば、
次号が来る頃に全て終わるくらいでしょうか。
(次号は前月の下旬、25日前後に届きます。)
実力アップドリルが今までに比べて難しいので、時間をとられるってのもあるかも。

ベネッセは「同学年の子に比べて秀でた成績を取る」向けじゃありません。
あくまでも、学校の授業をさくっと理解するための教材。
そこがゴールなら、3年生の勉強はチャレンジで十分です。

もっともっと、と思うのであれば塾だし公文だしZ会だけど、
学校に照準を合わせるのであればベネッセで大丈夫です。
ただ、ドリルとテキストやるだけじゃもったいない気もするけど。
値段は月に4000円前後です。(支払い方で異なる)
とりあえず、おうち勉強が好きな長女は楽しそうにやってくれてます。

最後までありがとうございます(__)
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  


おしまい。
スミでした。

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加