うちでは長女がベネッセの小学講座をしています。
(参考:ベネッセとZ会をどちらもやってみた結果

ベネッセにはオプション教材ということで、
  • 中学受験対策
  • 英語学習
  • 作文・表現力
  • 特別学習
  • 知的好奇心
という5つの分野が。

スポンサードリンク

もちろんオプションなので、別途費用がかかります。
それぞれ約2500円前後
が。
7月に無料体験の案内がありました。
無料ってステキ。

ということで、「考える力プラス講座」というのを
申し込んでみましたが、
思ったよりも良かった。

ベネッセの考える力プラス講座


考える力プラス講座は、
問題を解くというよりは問題を考える力を養おうというもの。
相手に何かを分かりやすく伝えたり、
なぜこうなるのか?を考える教材です。

8月の無料体験コースで届いたのはこちら。

オプション

真ん中がメインテキストで、
右側が答え。
左側が赤ペン先生へ出す問題です。

無料体験のため、
赤ペン先生への問題の添削はありません。
答えがついてるので自宅での添削のみ。

この講座、普通に頼むと約2350円です。
毎月です。

考える力プラス講座の中身は?


メインテキストはけっこうなボリューム。

テキスト

全部で64ページあります。
夏休みの月だからなのかどうかは分かりませんが、
通常でこのボリュームなら、
ちょっと時間のやりくりが大変そう。

小学2年の講座ですが、内容は
  • 国語
  • 算数
  • 理科
  • 社会
  • 自分づくり
5教科です。
ベネッセの小学講座は国語と算数の2教科なので(メインテキスト)
本講座よりも網羅してます。

中身は、なるほど「考える力講座」。
なんというか、
通常の小学講座の問題とは少し違います。

例えるなら。
だいぶ前ですが、なんかのCMで、
日本の算数の問題は 3+5=◯
だけど
外国の算数の問題は
◯+◯=8


みたいなのがあったと思うんですね。
なんか、1つの答えを求めるのじゃなくて
いろんな答えを探そうみたいな。

小学講座の問題は、
どちらかと言えば「3+5=◯」です。
考える力プラスの問題は
どちらかと言えば「◯+◯=8」です。

子どもは食いつく理科の実験


理科では、実験がありました。
実験と言っても、Z会ほどは面倒じゃありませんが。

8月号はこんなの。

理科

スーパープロペラカーです。
単なるプロペラカーじゃないところがミソ。

プロペラと車輪が、
裏で輪ゴムでくっついています。
輪ゴムを巻くと、プロペラが回る仕掛け。

ゴムを一本使うのと3本使うのでは
どちらが早く走る?
ゴムを10回巻くのと30回巻くのでは
どちらが早く走る?

最初に予想をたてて、
実際に実験をして確かめます。
これは楽しい!
しかも、そんなに手間もかからずです。

ベネッセ小学講座のオプション教材、口コミするよ


かつてZ会の小学講座をしていて、
ベネッセに移動してきたんですが、
ベネッセのネックになっているのが
社会や理科の対策の少なさ」でした。

うん、別に中学受験するつもりじゃないので
対策なんていらないっちゃあいらないんですが。

なんていうか、せっかく講座をしているので、
なかなかさせてあげられないことが
講座にあればいいのに、と思ってたんですね。

Z会は、「タマネギ使ってハンカチ染め」とか
「計画書を作成してピクニック」とか。
まぁ私の弱い脳みそでは思いつかないことを
たくさん「やれ!」と言ってきていて。

面倒ではあったけど、魅力的でした。

で、ベネッセはどうかというと、
あるのはあるけど、
漫画のような読み物がメイン。

経験するのではなくて読むだけ、という感じです。
受講料がベネッセのほうが安いので
仕方ないんですけど。

それが、今回の「考える力プラス」。
見事に解決です。

というよりも、
学校の勉強が問題ないのであれば、
むしろオプション教材だけでいいんじゃないか
思うくらいです。
(ちなみに単体での申し込みも可能です。)

ガッツリ勉強させたい方は、
単体では少し物足りないかもですが。

ベネッセはオプション教材の
無料体験教材もあります。
気になる方はぜひどうぞ。
↓↓      ↓↓
↓↓      ↓↓
進研ゼミ小学講座


最後までありがとうございます(__)
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  


おしまい。
スミでした。

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加