子どもの習い事は高い
2人子どもがいると、×2。
楽しいことは2倍?いやいや、かかるお金も倍。

うちは、今小学校1年生の長女が年少の時、
1年間英語教室に通っていて。
引っ越しとともにやめて、その後、
引越し先の英語教室の高さに負けて断念

現在に至ります。
これはもう、親の自己満足のようなもんですが。
英語に馴染んでもらいたい

だって、もうすぐ小学校でも英語必修だし。

もし
安くても英会話能力を磨ける習い事があれば
とってもいいなと思いませんか?
ということでやってみました。

スポンサードリンク

子どもの英会話だって節約!こうやったよ。


ちなみに、うちは夫婦そろって英語はダメです。
「YOUがCANならDOしなよ」
「TOGETHERしようぜ」
英語と聞いて最初に思い浮かぶのはこれ。

で、うちの場合は
  • 長女に習わせるならゆくゆくは次女も(1人だけはダメだろう)
  • 二人分をガチで払うのは無理(居住地域の相場は1人9000円)
  • できるなら「会話」に重きを置きたい(文法は学校にオマカセ)


そうなんです。
できるだけ安く、英会話能力が伸ばせるものを。
できれば2人いっぺんにやってしまいたい。

どうでしょう。
ふたり以上のお子様のママたち。
もしくは、ふたり以上の子どもを考えているママたち。
これ、楽じゃないですか?

習わせたいけどお金がなぁ…とか
時間の都合が合わないしなぁ…とか

そういうのを取っ払っちゃった子どもの英語教室が
オンライン英会話だと思うわけです。

ハナソキッズというオンライン英会話教室で
無料体験をしてみました。
英語の女の子

子どもオンライン英会話って何?


今これを、自分のパソコンやスマホなど。
そういう機器から見ている方は
もうすでに、ネットがつなげる状況にあると思いますが。

オンライン英会話は、ネット回線を使った無料のテレビ電話
スカイプを使った英会話教室です。

スカイプ???の方はこちら。
私が使い始めによく見ていたサイトです。
スカイプの使い方


子どもオンライン英会話のデメリット


ではまず、私が感じたデメリットから。
  • 講師の質がサイト上では分からない
  • 多くの場合、フィリピン人である(訛りがある?)
  • 結局は電話なので、対面よりは声が聞きづらい

オンライン英会話の会社では、
講師がとても多くて、ズラッと並んでいます。
その中から「質の良い講師」を見つけることは不可能かと。

そして、気にする人は気にするとこかもですが、
オンライン英会話の多くの講師がフィリピン人です。
運営会社によると、
「若年層であれば、英語の訛りはほとんどないと考えてもいい」
とのことですが。

まぁ、私が英語分からないので、聞いてても分かりません。

そして、結局は対面ではないので。
顔を突き合わせて話してたら分かることでも、
若干、聞きづらい場面がでてきます。

で、こういうデメリット部分を踏まえて。
私の娘が体験したのはハナソキッズというオンライン英会話。
こんな感じでした。


ハナソキッズのオンライン英会話を口コミするよ


まずこちらの英会話教室の基本事項から。
  • 無料体験は2回
  • 一回の授業は25分
  • 週一回の授業で3024円から


安いですね、3024円
これがまず、私が食いついた理由でもあります。
でもさ、でも。

2980円でも、悪かったら出す意味ないじゃん?と。
それがわりと良かったんですね。
まずはこういうとこ。

まず先生を選ぶよ


無料体験を申し込んで必要事項を入力したら
さっそく先生を選んで、授業の予約をします。

ズラッと並んだ先生の中から選ぶんですが、
こちらのオンライン英会話教室は
先生の日本語レベル」がプロフィールに書かれてるんですね。
これはありがたい。

なんたって私、「TOGETHERしようぜ」のレベルですし。
子どももまるっと英語なんて忘れてますし。
もし連絡事項があっても、英語では伝えられません。

結局、日本語が多少話せて、
人当たりの良さそうな若い女性の方を選びました。

子どもオンライン英会話の授業の中身


うちの長女は年少のときに、
いわゆる対面での普通に英語教室に通っていて。

大人の場合は分からないですが、
子どもの授業内容は、通常の英会話教室にとっても似ていました。

最初だけは、「こんにちは、〇〇ちゃんと呼んでいいかな?
と日本語で問いかけ。
それ以後は、ほぼ英語での会話です。

うちの子は、ほんとにアルファベットから覚えていないので、
ABCから始まりました。

先生はタブレットや絵の書いてあるパネルを使用。
カメラ越しに見せてくれます。
「A」から「APPLE」、「B」から「BEE」。
絵と一緒に進んでいきます。
ABC.jpg

うちの子、アルファベット全然分からなくて。
基本、すべて「ジー」
言っときゃ当たるかな?って、2回当たったよね。
GとZ。

で、これはオンラインならではだと思ったんですが、
うちの子、「クラウド」雲の絵がよく分からず。(長女なぜ?!)
「なにこれ?」って感じだったんですね。

そこは先生、タブレット持ってるので。
ちょちょっと雲の写真をいくつか出してくれて解決。
普通の英語教室でタブレット持ってないしね。

んでこれは、私の勝手な思い込みかもですが。

英語しゃべる人って、テンションが高い!
質問に答えられた時のリアクション、ダチョウ倶楽部なみです。
長女も、「うひゃっ♪」って。

ちなみに、サイト上にあるダウンロードできる教科書は
今回は使わず。
先生が画面上で見せてくれました。
英語教科書

そして余談ですが、
こちらのサイト、次女も一緒にどうぞ、と言ってくれました。
嬉しい。
二人同時だと、もっと経済的です。

子どもオンライン英会話、所要時間は35分


スカイプの準備を整えてから終わるまで、
全部でかかった時間は35分
10分前に準備しました。
自宅での教室なので、私は鍋を片手に聞いてました。

外に出なくてもいいし、送り迎えもなし

1つデメリットを言うならば、
「今から英会話教室」感はないです。
家なので。
緊張感ゼロ。

ただ、私は超ラクです。
だって、パジャマだったもん。

授業の終わりに、「オカサーーン、サンキュー」と言われ、
「サンキューサンキューシーユー」と。
パジャマ姿、あらわになりました。


私が思う、子どもオンライン英会話の最大のメリット


オンライン英会話は一回25分
これ、短いと思います?
普通の英語教室は40分とかですもんね。

これね、実は長いんです。
なぜって、先生とマンツーマンで会話してるから。
母国語じゃない人とガチで話す25分はけっこう長い。

で、うちの長女が英語教室に通っていた年少のとき。
1人の先生に対して、生徒は5人から6人。
少人数です。

それでも、質問されてわからないとき。
うちの子、さりげなく友達の後ろに隠れてたんですよね。
他の子が答えてくれたらラッキーみたいな。

でも、オンライン英会話ではそうはいかない
質問されて答えるのは自分だけ。

しかも、カメラ越しだから、
子どものささいな顔の変化なんて分からないわけです。
「分からなそうな顔してるから大丈夫だろ」は無理。
言葉に出して言わないと分かりません。

分からないときは、「アイドンノー」と言わなきゃ分からない。
↑これ、長女が今回初めに覚えた言葉。

それに気づくと、子どもの話し方も変わります。
「あなたの嫌いな食べ物は?」と聞かれて
ほうれん草が浮かんできた長女。
でもほうれん草を英語で何て言うか分からない。

「グリーン」(かろうじて知ってる)
「ムシャムシャ」(食べる真似)「オエッ」(嫌いの描写)
持ってるもの総動員して、
先生に伝えようとがんばってました。
これも、一対一だからこそかもです。


子どもの英語をオンラインで習わせること


私のネックは、「フィリピン訛りは大丈夫?」ということ。
中には、
子供の耳は柔らかいからネイティブのほうがいい、と。
確かに。それはそうかもですが。

私には、分からなかったんですね。
先生のフィリピン訛り。
センター試験のときの英語はわりと良かったよ私。
大学でも英語が必修で、Aを取ったよ。

でも、訛りが分からず。(学校英語だからだ)

結果、
訛りがどうのこうの言うレベルまで英語スキルが達したら、
それはそれで成功なんじゃねぇの?

ということで。

一ヶ月3024円ですし。
しかも無料体験も2回ついてますし。

もしあなたが
  • 子供の英語は安いほうがいい
  • 文法よりも「話す」ことを学ばせたい
  • 送り迎えの手間がなければ嬉しい

と思っているなら。
こちらとってもオススメです。
↓↓        ↓↓
子どもオンライン英会話を詳しく見てみる

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加