私たち、子どもが学齢期にいる親にとっては、
「自分たちの老後の資金?」
「平均貯蓄額と自分とこの差?」
そんなことよりも、将来確実にかかってくるお金

教育費ってもう、避けても避けられないお金なんですよね。
産んだからには育てないといけない。
育てるからには必ず必要なお金。
必ず、貯めておかないといけないお金。

とはいっても、1000万かかるとも1500万かかるとも言われる教育費。
ある程度きっちりと考えておかないと、
思いつきで貯まるようなお金じゃありません。
どうやったら教育費を効率よく確実に貯めることができるのか?
私なりの考えと、それに対する答えです。

ズバリな回答からの方はこちらからどうぞ。
≫≫お金を効率良く貯めるための相談内容は?レポ

スポンサードリンク

子どもの教育費を貯める方法って何がある?


kurei-okane.jpg

教育費を貯める上で、まず大前提となるのは、
いくら貯めておかないといけないのか
ということ。

これはもちろん、各家庭で差がありますし、
子どもにどこまでの教育を受けさせるのか?でも違います。
月々の収入から出せるものもあるし、
児童手当を貯めておくことで対処できるものもあります。

そういうのをまるっとひっくるめて、
じゃあ、わが家にはいくら貯めておく必要があるのか?

わが家の場合は、「1人800万円」「大学入学年齢に
という結論に至りました。
この金額にはもちろん、児童手当分も入っています。
≫≫児童手当の運用に保険はもうNG?ほけんの窓口に行って話を聞いてきた

効率よく教育費を貯めるならまず必要金額を


ランドセル女の子

わが家の上の子はもう小学校低学年なので、
大学入学時(入るかどうかはさておき)まで、あと10年。
10年間の間に800万円貯める。
この「期間」「金額」が、うちの教育費を貯めるための基本的な情報です。

さて、この金額を貯めるためにはどういう方法があるのか?
でこの場合、「どういう方法がある?」というよりも、
どういう方法なら貯めることができる?」という。
なんというか、逆算的な考え方になるわけですよね。

わが家にとって800万円という金額は途方もない金額だし、
のほほんと食費の節約しているくらいでは貯められません。
100万円が800万円になるようなリスキーな運用は嫌だし、
ここは手堅く貯めていきたいところ。

ここで「もう教育費に回せるお金があるからー」な方は、
何の問題もないわけですよね。
800万円を10年っていうと、1か月にすると約7万円。
これって大きい。
まずは元手になる資金を、世帯収入の中から出さなきゃです。

「効率よく」でも元手になるお金は必要。家計のスリム化をする


そこでわが家が最初にしたのが、
「固定費を削減する」という、いわゆる家系のスリム化です。
だって、7万円なんてどう考えたって出てこない。
良い商品で運用したとしても、そもそもの資金が出てきません。

家計のスリム化をする上で私がしたことは、
まずは携帯代の見直し。
≫≫ドコモのメルアド残して一番安いプランはどれ?ネット含めて4000円以下

そして最も効果的だと感じたのは保険の見直しでした。
旦那さんの生命保険や医療保険。
総額で支払ってる額は1000万円を超えると言われることもあるほど。
ここをなんとかうまく削ったら、800万円もイケるんじゃない?と。

いくつか保険の相談をしてきて、
「教育費」ということにフォーカスした相談を行ったのは、
保険のビュッフェという保険相談会社のFPさんでした。

教育費を効率良く貯めるにはどうしたらいい?回答はFP相談だった


元々はここのFPさんに相談しようと思った理由は、
旦那さんの生命保険と医療保険の相談だったんですよ。
別に、教育費なんたらという理由からではありません。

ただ、何人かのFPさん(他会社の)とお話した中で、
ここの方は「生きてる間に必要なお金」を考えようぜ!という。
つまりですね。
「この医療保険がすごく安くていいから、替えたほうがいいよ」
「生命保険はこっちのほうがいいよ」
というだけではなく。

  • この保険をこう使えば、この時期の教育費に使えるよね
  • 私の保険をコッチに変えたら、このときの教育費にならない?

結局、家計のお金をどういうふうに貯めていくかってことと、
教育費をどうやって貯めていくかってのは同じことなんですよね。

家計の無駄を省くことが教育費につながる


dentaku-okane.jpg

当たり前の話なんですが、
うちの収入って同じ家庭の中をグルグルと回ってるわけです。
食費に使ったり日用品買ったりとか。

家計の中にある無駄部分を省くことって、
教育費を貯めるっていうのと同じなんですよね。
そういう面で言うと、
「食費の無駄」や「日用品の無駄」と違って、
「保険の無駄」って、私たちではかなり分かりづらいです。

日々変わっていく保険情勢なんて、
ストーカーなみに保険に寄り添ってないとわからないです。

毎月必要経費だと思って支払っている保険費用。
その何割かを教育費に回すことができたら
そしてそれを元に、良い運用をしていくことができたら。
しかも、必要な保障は残しておくことができたら。

こういう、より効率的に貯めることの一歩目を、
専門家の人に聞けたら楽じゃない?という。
≫≫保険のビュッフェをもう少し見てみる

保険のビュッフェの勧誘具合やデメリットについて


kurei-kazoku.jpg

とはいうものの、
保険の相談ってなかなか思いきれない部分もあります。
FPさんへの相談って基本は自宅に来ますしね。
小さい子がいると助かる反面、大丈夫かなと思っちゃいます。

保険相談の勧誘は?


何人かの方に相談しているので、
中にはやっぱりグイグイと営業される方もいました。
が、保険のビュッフェに関してはそうでもなかったです。

わが家の次女はプリキュアが大好きで、
「キュアラブリー」が聞き取れず、次女に怒られる。
道に迷ったらしく、額に汗をかいて到着する。

いろいろお話をしてくれたんですが、
この方、ほとんど勧誘らしきものをせずに帰ってしまいました。
大丈夫?!ねぇ、ほんとに大丈夫?!
うちが一件入ったら、報酬になるんじゃないの?!
うむ。よく分かりませんが、気さくな人でした。

私が思う保険相談のデメリット


私が思う保険相談のデメリットは、
来るFPさんによって差が激しい」っていう点です。
わが家の場合は、
うまいこと当たりをひいて、知識量が豊富で無理な勧誘のない方でした。

でもそれがみんなにとってそうであるとは限らなくて、
場合によっては正反対であることもあるわけですよね。

保険のビュッフェの場合は、
条件を満たした(勤続年数など)FPさんしかいないようですが、
人による差はきっとあると思います。

教育費を効率よく貯めるまとめ


dennkidai-ie.jpg

投資信託や債券、定期預金に至るまで、
元本の安全性ということを置いといて考えると、
「お金を増やす方法」ってわりとたくさんあるものです。

貯めないといけない期間と金額を考えて、
どの方法を選ぶか?っていうのは、
元手がいくらあるのか?っていうことによると思うんですよ。
月々の元手が多ければ多いほど、
リスクを取らない手堅い方法で貯めていくことができます。
親として求めるのはここですよね。

じゃあ、どうやって元手を増やしていくのか?ってとこで、
  • 無駄かどうかの知識が少ないもの
  • 総支払額が多いもの

最初に手を付けるべきは、保険です。

保険の役立て方や無駄の省き方。
知識を持った人が保険を手にすると、
本来の使い方よりもずっとお得に
保険を利用する手段を教えてくれるんですよね。

使い方を知らないっていうことは、
本来得られるべきものが得られていないってことで。
お金がからむ商品は特にそうだと思うんですが、
「知っていること」と「知らないこと」に大きな差が出ます。

もし、無駄をなくした家計にして
効率よく教育費を貯めるための知識が欲しいなぁと思うのであれば、
ここのFPさんはおすすめです。
↓↓      ↓↓
保険のビュッフェを見てみる

最後までお読みいただきありがとうございます(__)
スミでした。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加