もしかしたらあなたは、
パートが決まらないの私だけかも…
って思ってませんか?

最近パートが決まらない主婦が増えてる
っていう感じの記事を読んで。

結局この記事は、
『働きたいと思う女性』が増えているよっていう。
ただそれだけの記事なわけだけど。

かいつまむとこんな感じ。

『25歳から45歳の女性の労働力率が過去最高74%に。
働く子育て世代が増えている。』

「働きたい」と思っている女性の絶対数が増えていって、
相対的に仕事が「決まらない」女性の数も増える。
でももしあなたが「パートが決まらない」と思っているなら
理由はこんなところにあるのかもしれません。

スポンサードリンク

主婦のパート探しはこんなとこが辛い


主婦って、
仕事が決まりにくい状況になりやすいですよね。

  • すぐに妊娠するんじゃないの?の状況
  • 子どもが風邪引いたらすぐ休むんじゃないの?の状況
  • 長期休みのとき子どもの預け先あるの?の状況
  • 旦那さんの転勤大丈夫?の状況

じゃあ、資格でも取りましょうか。

資格があればそれだけで仕事があるような資格って
取るだけで時間とお金がかかっちゃうんですよね。
看護師しかり介護士しかり。

中途半端な資格なら、
それが仕事を決める決め手にはなりづらかったりします。
比較的簡単に取れてしまう資格は
「今している仕事」の補助にしかならない場合も。

だからパートが決まらない
というわけじゃないですよね?

パートが決まらない主婦と決まる主婦の違いって?


小さい子供を抱えて、
預け先さえまだ決まっていない状況で
サックリとパートを決めちゃってる主婦もいます。

一方で、いくつ面接をしても、どうもうまくいかない。
不採用が続いてそのうち心が折れてしまって
パートを探すこともやめてしまう主婦もいます。

これ、違いって何だと思いますか?

悩む

パートが決まった主婦 実例1


私の友達ママさん。
40代で、ブランクは15年ほどです。
この方、大手某会社に就職が決まりました。

パートどころか正社員での採用です。

別に、特に秀でてるスキルがあるわけじゃないし、
本当に普通の主婦です。

ただ違いがあるとすれば、
聞く限り、このお仕事、体力的にしんどそうです。
天候がどうであれ、
毎日長時間、外を回らないといけないお仕事です。

パートが決まった主婦 実例2


こちらも私の友達ママさん。
パートが決まった方ですが。

会社の人に
「どのくらい働きたいですか?」と聞かれて
「がんばってたくさん働きたいです」 と言った方と
「私のお小遣い程度でいいです」 と言ったお友だち。

家計の足しにしたいと言った方は落ちて、
小遣い程度の友達が受かったそうです。

要はこの会社、シフト的にそんなにたくさん入れなくて。
小遣い程度でいい」人を探してたんですね。 

パートで採用されるために必要なことって?


じゃあ、パートで採用されるために必要なことって
いったいなにがあるんでしょうか。
上記事例をふまえて。

仕事を選び過ぎない


独身時代のキャリアがある方は特にそうかもですが、
パートであっても仕事を選びたくなるんですよね。
経験がある仕事と同業種がいい、とか。

私もできれば同じ業種で、
パートの経験がキャリアの1つになればいいなと思う。

でも、子どもがいる主婦が働くことって
そうじゃないかもなぁとも思います。

多分、私が本当にしたい仕事を
思ったようにできるようになるのは
おそらく15年近く先のことになると思います。

つまり、子持ちの主婦は
ほぼほぼ10年・15年先までガッツリ賃金を得るなんて
できない
んじゃないかって思っちゃうんですね。

それまでは、
本当に補助的なお金の稼ぎ方やお小遣い程度。
私にできる仕事は
誰でもできる簡単な仕事」になると思います。

仕事を選び過ぎないこと。
嫌なことはする必要ないと思いますが、偏り過ぎるのも問題です。
ここでまず、仕事への間口を大きくできます。

隠すメリットを考える


例えば私は転勤族の妻なんですが。
これを面接で言っちゃうとね、大方落ちます。

例えば、子どもが風邪引いた時のこととか
夏休みなどの長期休みのこと。
そういうのは言わないと大変なことになりそうですが。

言わなくてもいいことは、サラッとオブラートに包む
わざわざ聞かれないのに言わなくてもいいんじゃないかと思います。

ネットで探すと、
「仕方ないから仕事するんです」
「本当はやりたくないんですが…」
って面接で言っちゃう方もいるようです。

ほんまかいな。
なんかちょっと信じられないですが、
常識的に考えられる「言わなくてもいいこと」をわざわざ言って
落ちちゃうなんてバカバカしいです。

パート探しの最大のポイントって結局


主婦のパート探しって結局、
タイミングに大きく左右されます。

  • 会社が求めている人材のタイミング
  • 申し込むタイミング
  • パートを探し始めるタイミング

「いつ」「どんなのに」申し込んだらサクッとパートが決まるのか。
どの「タイミング」で申し込んだらいいのか。
残念だけどそれって、結果が出てからじゃないと分かりません。

でもそれを、「いつ」「どこに」「どのタイミング」で申しこめばいいかを、
誰かが教えてくれたら話が早いと思いませんか?

あなたのやりたいこと、求めている仕事内容。
すくいあげてくれて、
「ここならあなたにピッタリだよ。ここなら大丈夫だよ」
って教えてくれたら、どんなにいいかって思いませんか?

  • できるだけ早くパートを決めたい
  • 自分に希望に合った仕事を探したい
  • パート・バイトの求人広告は確認してるけどいいのがない
  • 仕事探しの相談できる人がいればいいのに。


当てはまる方は、
「派遣」から探したほうがずっと早くパートが決まります。

派遣は一般未公開求人が多いですし、
「あなたの」希望にあう仕事を「あなたの」担当者が見つけてくれます。
「あなたの」事情も知ったうえで、ここならいい!というところを探してくれます。
時給が高い傾向があるのも嬉しいですよね。

もしあなたが。
パートが決まらないと悩みながらも、何も動かずに過ごしたいとか。
結局何もせずに、変化のない状況でも構わないというなら別ですが。

自分の望むパートをして今より余裕のある生活をしたい
自分の稼いだお金を手にしたいと思うなら。

主婦に特化してる分野があるので
こちらが絶対おすすめだと思います。

↓↓          ↓↓
等身大の「あなたの」仕事を探す テンプスタッフ





最後までお読みいただきありがとうございます(__)
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ



おしまい。
スミでした。
 

スポンサードリンク

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加