スポンサードリンク


カテゴリ:家のことと自分のこと

家のことと自分のことのカテゴリ記事一覧。テレビでは聞けない、家計を潤す主婦の必殺技
no-image

家族のこと
わが家はわりとガッツリとした転勤族です。全国津々浦々、どこに行くのかさっぱり分からないし、転勤スパンも不明。おそらくは旦那さんが定年退職するまでそれが続きます。子どもの年齢がある程度になったら、単身赴任してもらわなきゃですけど。転勤族の悩みは子どもの事も含めいろいろありますが、親の老後問題も大きな一つ。うちはもう両親ともに高齢なので、リアルな問題になりつつあります。転勤族は親の老後とどう向き合って...

記事を読む

no-image

家族のこと
最近は、どんどんランドセルを買う時期が早くなってきました。上の子のときは7月中旬でも十分だったのに、同じ時期でも下の子のときはすでに売り切れが続出。売出しの時期も早くなってきてます。多少の誘導はあるものの、基本的には子どもの好きな色を選べばいいと思っているけどなんせわが家は転勤族です。転校した先の小学校がどういうところかわからないのもあって、デザインや色など、ちょっと悩むこともありました。転勤族の...

記事を読む

no-image

家族のこと
わが家は、実家も義実家もどちらもが遠方に住んでます。気軽に会える距離ではないので、長期休みのときには必ずどちらかには帰省します。年に3回~4回は帰省してる感じですね。で、帰省って意外とお金がかかるんですが、遠方だと余計に交通費が高くなります。滞在中の食費や生活費を含めると、けっこうな額です。んで、いつも「思ってたより出費額が多かった…」となるのが手土産費用。実家の両親と兄弟姉妹、親戚にと、なんかもう慣...

記事を読む

no-image

自分のこと
最近、心理学者のアドラー系統の本がよく注目されてます。図書館に行っても「アドラー」と名のつく本は、貸出中が多いですし。そんな中、図書館の本棚に残っていた『アドラー流子育て』という本。例えば、子どもをほめてあげるのって良いことだと思うじゃないですか。┐(´д`)┌「それは違うんだよ。本当にしなきゃなのは…」読んで、頭をトンカチで叩かれて地表深く埋まっちゃってしまうこの感じ。なんてこったい。私って悪めの母親...

記事を読む

no-image

うちの住宅事情
わが家は持ち家を賃貸中の転勤族です。家を買うと辞令が出るっていう都市伝説は、真実でして、ほぼ新築の状態で辞令が出て、ほぼ住むことなく賃貸に出しました。もう、間取りとか思い出せない。壁紙とか、選んだはずなのに覚えてない。転勤族が持ち家の場合、「賃貸?売却?」で悩む時期があるんですが、≫≫転勤族、持ち家は賃貸か売却かの分かれ道わが家、そろそろ売却を考えてるところです。...

記事を読む

no-image

自分のこと
今年度も終わりに近づいてきまして、転勤族家庭には怖い「辞令」に季節になりました。7月とか12月とかが辞令時期の方も多いですが、わが家は「基本毎月」「多くは年度末」という感じです。毎年のドキドキは変わらずあるんですが、年次が増えていくとさらにゾクゾクする。≫≫転勤辞令の季節がもうすぐやってくる。単身赴任問題とお金と定住地、ぐるぐると考えるということで、私の気持ちを落ち着けるために、私がこの時期になると調...

記事を読む

うちの住宅事情
転勤族特有の悩みっていつまで旦那さんについていくの?いつから単身赴任してもらうの?次の引っ越し場所とタイミングは?新しい場所でも子どもはうまくやっていける?あげていくとわりとキリがなくて、しかも悩んだところで、ちゃんとした答えって出ないんですよね。「そのときの状況によって変わるじゃん」というのが多いので。さて、こんな「転勤族だから」の悩みの中でも、上位をしめるのがマイホーム関係のことじゃないでしょ...

記事を読む

no-image

自分のこと
わが家の転勤辞令はちょっと変わった時期にあって、辞令っていうか内示なんですが、もうすぐ出ます。引越し先やら子どもの学校やらの手続きのために、早めに言ってくれるようになったんですが、もうすぐ出ます。いやー。なんでしょう、この感じ。「いつかは」と思ってたけど、「今」はやめてほしい。気がする。そんなのを思い続けて、数年。もうガッツリやばいラインで、たぶんもう出ます。...

記事を読む

自分のこと
わが家はバリバリ全国転勤がある転勤族です。毎回、期の変わり目には「・・・・・・。」と旦那の報告電話を待ちますし、これからも定住地はないだろうと、良くも悪くも、母子ともに思ってるわけですね。今は実家からは車で3時間ほどの距離に住んでるんですが、なにしろ私、高齢出産で生まれた子でして。子どもはまだ未就学児がいますが、私の両親はもう、じきに介護が必要なゾーンに入ります。転勤族妻、これからの介護について考...

記事を読む

no-image

自分のこと
わが家には子どもが二人いるんですが、それぞれに両極端というか、性格がかなり違っています。もちろん一言で性格を表すことは難しいですし、「親から見えていない子ども」ってのもあるとは思うんですが。こと「親からの目」で見たときの子どもたちは、・第一子は比較的、育てやすい子・第二子は比較的、育てにくい子って感じになるのかなと思います。なんつーかまぁ、子どもに「言わないこと」って難しいなってボヤキです。ネガテ...

記事を読む

no-image

自分のこと
私は高齢出産で生まれた子どもなので、同年代の友だちの母親に比べるとかなり年配です。うちの旦那さんは私と一つしか年の差がないんですが、親の年齢は15違います。もちろん、うちの両親のほうが年上です。もう75を越えようという年齢のうちの両親。何日か実家に滞在しないと分からないこともあるな、と思ったのでした。...

記事を読む

no-image

うちの住宅事情
2月から3月にかけて、転勤辞令の出やすい季節になりました。持ち家の転勤族には冷や汗モノの時期ですね。さて、わが家はもう足掛け5年近くの持ち家賃貸中です。今思うと失敗していることも多々あるんですが、「辞令が出た!持ち家なのに?!どうやって家管理する?」なときに、知っておきたいことや考えておきたいことの、私なりのまとめです。...

記事を読む

no-image

自分のこと
山崎えり子著「節約生活のススメ」を読みました。この山崎えり子さん、「逮捕!詐欺?!」みたいなことでいろいろと話題になった方ですが、「節約生活を紹介している本」としては良著だと思っていて。どんなんだったかというレビューを踏まえて、ウンタラカンタラと、思ったことを連ねてみようかと。...

記事を読む

no-image

自分のこと
セールで1500円になっているお洋服を、買いたいと旦那に言ったら、「10年着るならいいよ」と言われました。1500円のものを10年着さすつもりなのか?!とか思ったんですが、これを機に、洋服の数を減らすことについて考えてます。...

記事を読む

no-image

自分のこと
このブログには、「銀行窓口パート」系で訪れてくれる方がちょこちょこいまして、おそらくこれや(銀行窓口のパートは何が辛い?内側をドドンとお伝えするよ)このへんから(銀行のパートは大変か?元銀行員が語ってみる)見ていただいてるんじゃないかと思います。で、私自身は銀行員時代の9割はセールスばっかしてたんですが、入ってから1年位は、いわゆる窓口事務みたいなことも教えてもらってました。窓口のミスが辛いって方...

記事を読む

no-image

家族のこと
長女は小学2年生。そこそこ真面目でそれなりにお友達がいて、普通に遊ぶのが好きです。よく食べるしよく寝るし、学校の先生に「問題ないです」で終わらされるタイプの子です。しいてあげるなら、「夢中になれるもの」がない子。とっても飽き性で、熱中できるものがないんですが、それって年齢によるもの?性格?というのが最近の子育ての悩み。...

記事を読む

自分のこと
かつて「365日同一料金」でやってた湯快リゾート何回か行ったことがあって、先日久々にホームページを覗いたら…あれ…?値段が違う。。いつの間にかバナー表示も変わり。「平日日曜料金が7500円(税別)」に変わっておりました。これ、アレですね、普通のホテルと同じですね。休日前とか、GW・年末年始とかの特別日には高くなるっていう。7980円(覚えてる当時の値段)だと思ってたから、衝撃だった。...

記事を読む

no-image

うちの住宅事情
転勤族で持ち家を賃貸に出している場合、考えられる最大のリスクが「借り手がつかない」ということ。もちろん十分な蓄えがあって、転勤先の住宅費もローンもどちらも楽ちんで払えるのなら問題はないわけですが。住宅ローンや固定資産税に加えて、転勤先での賃貸費用。ダブルの支払いはやっぱりキツイ。短期間の転勤で必ず戻って来れるって確証があれば別だけど、会社勤めでそんな確証、ないことのほうが多いです。賃貸で借り手がつ...

記事を読む

no-image

自分のこと
どうもー、胸のときめきやキュンとした感情が、リアルでは完全に欠如して、ほうれい線ばかりが目立つ30代です。人肌に触れるといえば、子どもの頬のみ。最近、あったかいなと感じたのは近所の犬の吐息。そんなんだってさ、たまにはキュンとしてみたい。二次元での恋愛は妄想力が決め手となりますが、「主婦にも恋愛体験させてくれよ…」に答えてくれる。そんな最近読んだ恋愛漫画の紹介です。...

記事を読む

no-image

家族のこと
わが家の旦那様は家計管理でいろいろやったおかげで、「無駄遣い」と言えるほどの無駄なお金の使い方はしなくなり。(参考:旦那さんの無駄遣いを減らすには共同家計管理だった。金銭感覚の違いをなくすためには)ただ、本来の性分というか根っこの部分で、私にはイマイチ理解できなかったりすることもあるわけで。世間の奥様、みんなそんなふうに思うんでしょうけど。これって無駄遣い?!…じゃないのかなぁ。。。でもなんだか、...

記事を読む

親の老後に転勤族はどう向き合う?介護問題が深刻になってくる

わが家はわりとガッツリとした転勤族です。
全国津々浦々、どこに行くのかさっぱり分からないし、転勤スパンも不明。
おそらくは旦那さんが定年退職するまでそれが続きます。
子どもの年齢がある程度になったら、単身赴任してもらわなきゃですけど。

転勤族の悩みは子どもの事も含めいろいろありますが、親の老後問題も大きな一つ。
うちはもう両親ともに高齢なので、リアルな問題になりつつあります。

転勤族は親の老後とどう向き合っていけばいいのか?
はっきりと答えは出ないことを考えているところ。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転勤族のランドセルの色はどんなのがいい?選び方によるいじめの信憑性は?

最近は、どんどんランドセルを買う時期が早くなってきました。
上の子のときは7月中旬でも十分だったのに、同じ時期でも下の子のときはすでに売り切れが続出。
売出しの時期も早くなってきてます。

多少の誘導はあるものの、基本的には子どもの好きな色を選べばいいと思っているけど
なんせわが家は転勤族です。

転校した先の小学校がどういうところかわからないのもあって、
デザインや色など、ちょっと悩むこともありました。
転勤族の子どもは、ランドセルの色も考えないといけないのか?について

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

帰省の手土産にふるさと納税はどうだろう?相場や値段を考慮してもおすすめだと思う件

わが家は、実家も義実家もどちらもが遠方に住んでます。
気軽に会える距離ではないので、長期休みのときには必ずどちらかには帰省します。
年に3回~4回は帰省してる感じですね。

で、帰省って意外とお金がかかるんですが、遠方だと余計に交通費が高くなります。
滞在中の食費や生活費を含めると、けっこうな額です。
んで、いつも「思ってたより出費額が多かった…」となるのが手土産費用。

実家の両親と兄弟姉妹、親戚にと、なんかもう慣例みたいになっちゃって。
もはや「〇〇県からのおみやげ」じゃなくてもいい、みたいな。

出費が増えていくのはもういやだ。
ということでわが家、去年から帰省のときの手土産はふるさと納税にしてます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「アドラー流子育て」を読んで自信をなくす。なんてこった!私は悪い母親の典型だった

最近、心理学者のアドラー系統の本がよく注目されてます。
図書館に行っても「アドラー」と名のつく本は、貸出中が多いですし。
そんな中、図書館の本棚に残っていた『アドラー流子育て』という本。

例えば、子どもをほめてあげるのって良いことだと思うじゃないですか。
┐(´д`)┌「それは違うんだよ。本当にしなきゃなのは…」

読んで、頭をトンカチで叩かれて地表深く埋まっちゃってしまうこの感じ。
なんてこったい。
私って悪めの母親像そのままじゃないかよ。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転勤族主婦、持ち家の売却を考える。わが家はもうあの地域には戻れない

わが家は持ち家を賃貸中の転勤族です。
家を買うと辞令が出るっていう都市伝説は、真実でして、
ほぼ新築の状態で辞令が出て、ほぼ住むことなく賃貸に出しました。

もう、間取りとか思い出せない。
壁紙とか、選んだはずなのに覚えてない。

転勤族が持ち家の場合、「賃貸?売却?」で悩む時期があるんですが、
≫≫転勤族、持ち家は賃貸か売却かの分かれ道
わが家、そろそろ売却を考えてるところです。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすぐ転勤か?!不安モヤモヤが募る季節に転妻の私がしていること

今年度も終わりに近づいてきまして、転勤族家庭には怖い「辞令」に季節になりました。
7月とか12月とかが辞令時期の方も多いですが、
わが家は「基本毎月」「多くは年度末」という感じです。

毎年のドキドキは変わらずあるんですが、
年次が増えていくとさらにゾクゾクする。
≫≫転勤辞令の季節がもうすぐやってくる。単身赴任問題とお金と定住地、ぐるぐると考える

ということで、私の気持ちを落ち着けるために、
私がこの時期になると調べ始めること。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転勤族のマイホーム選びの注意点はたったひとつ。「マンションは学区で選びなさい」で考える

転勤族特有の悩みって
  • いつまで旦那さんについていくの?
  • いつから単身赴任してもらうの?
  • 次の引っ越し場所とタイミングは?
  • 新しい場所でも子どもはうまくやっていける?

あげていくとわりとキリがなくて、
しかも悩んだところで、ちゃんとした答えって出ないんですよね。
「そのときの状況によって変わるじゃん」というのが多いので。

さて、こんな「転勤族だから」の悩みの中でも、
上位をしめるのがマイホーム関係のことじゃないでしょうか。
持ち家、どこに買う?いつ買う?という。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転勤辞令の季節がもうすぐやってくる。単身赴任問題とお金と定住地、ぐるぐると考える

わが家の転勤辞令はちょっと変わった時期にあって、
辞令っていうか内示なんですが、もうすぐ出ます。
引越し先やら子どもの学校やらの手続きのために、
早めに言ってくれるようになったんですが、もうすぐ出ます。

いやー。
なんでしょう、この感じ。

「いつかは」と思ってたけど、「今」はやめてほしい。気がする。
そんなのを思い続けて、数年。
もうガッツリやばいラインで、たぶんもう出ます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転勤族妻、介護について考える。遠方にいる高齢な親の数年先はどうなるのか?

わが家はバリバリ全国転勤がある転勤族です。
毎回、期の変わり目には「・・・・・・。」と旦那の報告電話を待ちますし、
これからも定住地はないだろうと、
良くも悪くも、母子ともに思ってるわけですね。

今は実家からは車で3時間ほどの距離に住んでるんですが、
なにしろ私、高齢出産で生まれた子でして。

子どもはまだ未就学児がいますが、
私の両親はもう、じきに介護が必要なゾーンに入ります。

転勤族妻、これからの介護について考える。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て「言わないこと」は難しい。輪に入りたがらない子どもに親ができることはなんだろう

わが家には子どもが二人いるんですが、
それぞれに両極端というか、性格がかなり違っています。
もちろん一言で性格を表すことは難しいですし、
「親から見えていない子ども」ってのもあるとは思うんですが。

こと「親からの目」で見たときの子どもたちは、
・第一子は比較的、育てやすい子
・第二子は比較的、育てにくい子

って感じになるのかなと思います。

なんつーかまぁ、子どもに「言わないこと」って難しいなってボヤキです。
ネガティブ発言アリなので、お嫌いな方はUターンしてください(_^_)

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会うたびに老いを感じる高齢の親。離れた暮らす私にできることはなんだろう?

私は高齢出産で生まれた子どもなので、
同年代の友だちの母親に比べるとかなり年配です。
うちの旦那さんは私と一つしか年の差がないんですが、
親の年齢は15違います。
もちろん、うちの両親のほうが年上です。

もう75を越えようという年齢のうちの両親。
何日か実家に滞在しないと分からないこともあるな、と思ったのでした。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転勤族の持ち家管理方法のまとめ。辞令が出たらしておくこと

2月から3月にかけて、転勤辞令の出やすい季節になりました。
持ち家の転勤族には冷や汗モノの時期ですね。
さて、わが家はもう足掛け5年近くの持ち家賃貸中です。

今思うと失敗していることも多々あるんですが、
辞令が出た!持ち家なのに?!どうやって家管理する?
なときに、知っておきたいことや考えておきたいことの、
私なりのまとめです。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山崎えり子「節約生活のススメ」を読んでみた。詐称!それでも本は参考になることだらけ

山崎えり子著「節約生活のススメ」を読みました。
この山崎えり子さん、
「逮捕!詐欺?!」みたいなことでいろいろと話題になった方ですが、
「節約生活を紹介している本」としては良著だと思っていて。

どんなんだったかというレビューを踏まえて、
ウンタラカンタラと、思ったことを連ねてみようかと。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

服を減らしたい!でも欲しい!断捨離できない主婦はどのように洋服を少なくするか

セールで1500円になっているお洋服を、買いたいと旦那に言ったら、
「10年着るならいいよ」と言われました。
1500円のものを10年着さすつもりなのか?!
とか思ったんですが、
これを機に、洋服の数を減らすことについて考えてます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

銀行窓口パートでミスばっかで辛いとか言ってる奴ちょっと来い。私はもっとひどかった

このブログには、「銀行窓口パート」系で訪れてくれる方がちょこちょこいまして、
おそらくこれや(銀行窓口のパートは何が辛い?内側をドドンとお伝えするよ
このへんから(銀行のパートは大変か?元銀行員が語ってみる
見ていただいてるんじゃないかと思います。

で、私自身は銀行員時代の9割はセールスばっかしてたんですが、
入ってから1年位は、
いわゆる窓口事務みたいなことも教えてもらってました。
窓口のミスが辛いって方。私のほうがひどかったって話。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夢中になれるものがない子どももいる。「好き」を見つけるために親ができることって何だ

長女は小学2年生。
そこそこ真面目でそれなりにお友達がいて、普通に遊ぶのが好きです。
よく食べるしよく寝るし、
学校の先生に「問題ないです」で終わらされるタイプの子です。

しいてあげるなら、「夢中になれるもの」がない子。
とっても飽き性で、熱中できるものがないんですが、
それって年齢によるもの?性格?
というのが最近の子育ての悩み。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

湯快リゾートが値上げしてる!和歌山も下呂も以前は口コミほど悪くなかった

かつて「365日同一料金」でやってた湯快リゾート
何回か行ったことがあって、先日久々にホームページを覗いたら…
あれ…?値段が違う。。

いつの間にかバナー表示も変わり。
yukairizo-to.jpg

平日日曜料金が7500円(税別)」に変わっておりました。
これ、アレですね、普通のホテルと同じですね。
休日前とか、GW・年末年始とかの特別日には高くなるっていう。
7980円(覚えてる当時の値段)だと思ってたから、衝撃だった。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転勤族の賃貸事情!持ち家に借り手がつかないときに考えるべきこと

転勤族で持ち家を賃貸に出している場合、
考えられる最大のリスクが「借り手がつかない」ということ。
もちろん十分な蓄えがあって、転勤先の住宅費もローンも
どちらも楽ちんで払えるのなら問題はないわけですが。

住宅ローンや固定資産税に加えて、転勤先での賃貸費用。
ダブルの支払いはやっぱりキツイ
短期間の転勤で必ず戻って来れるって確証があれば別だけど、
会社勤めでそんな確証、ないことのほうが多いです。

賃貸で借り手がつかない場合に考えるべきことをまとめてみました。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主婦が読みたい恋愛漫画、みんな読んでる?!最近読んだ有名なおすすめ2冊

どうもー、胸のときめきやキュンとした感情が、
リアルでは完全に欠如して、ほうれい線ばかりが目立つ30代です。
人肌に触れるといえば、子どもの頬のみ。
最近、あったかいなと感じたのは近所の犬の吐息。

そんなんだってさ、たまにはキュンとしてみたい。
二次元での恋愛は妄想力が決め手となりますが、
「主婦にも恋愛体験させてくれよ…」に答えてくれる。
そんな最近読んだ恋愛漫画の紹介です。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旦那は「趣味」妻には「無駄遣い」。夫が無駄の多い買い物2つ

わが家の旦那様は家計管理でいろいろやったおかげで、
無駄遣い」と言えるほどの無駄なお金の使い方はしなくなり。
(参考:旦那さんの無駄遣いを減らすには共同家計管理だった。金銭感覚の違いをなくすためには

ただ、本来の性分というか根っこの部分で、
私にはイマイチ理解できなかったりすることもあるわけで。
世間の奥様、みんなそんなふうに思うんでしょうけど。

これって無駄遣い?!…じゃないのかなぁ。。。
でもなんだか、なんだかなぁと常々私が思ってる、
旦那さんの購入したものたちです。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 元銀行員ネクラ主婦の節約貯金記 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます